屋形船と言えば、風情な乗り物ですよね。
桜や紅葉などの流れゆく景色を楽しんだり、刺身や天ぷらの盛り合わせなどの和食のコースを楽しんだりする事が出来ます。
しかしこれらの楽しみ方は、やはり大人向けの楽しみ方であり、子供を連れて行っても楽しめるのでしょうか?

まず屋形船の料金設定は、大人料金と子供料金が存在しています。
そのため子供も連れてきてもOKだと言えます。
ちなみに子供料金に含まれるのは、小学生までで、中学生からは大人料金となるのが一般的です。
乳幼児でお子様メニューを食べない場合は、料金が発生せずに無料で乗る事が出来ます。

先ほど和食のコースは、大人向けで子供には、お刺身や天ぷらの良さが分かるには、少し早いと言えます。
そのため屋台船では、大人と子供とではメニュー内容が大きく異なります。
和食コースが定番の屋台船ですが、子供メニューには、
子供が好きなハンバーグやフライドポテト、エビフライなどのお子様セットを用意しています。

なので、子供も好きなメニューを食べられるので、食事に関しては、外食として喜んでくれるでしょう。
ただし、注意点としては、子供の方が船酔いするリスクが高いという点です。
なかなか船に乗った経験がない子供も少なくないので、子供が船酔いするかどうか親も把握できていません。

車酔いしないから、船酔いもしないだろうと安易に考えてはいけません。
なぜなら車酔いはしなくても、船酔いだけするというタイプも存在するためです。
そして船酔いした場合、車や電車のように途中で降りる事が出来ません。

船酔いしたままで2時間耐えるのは、とても苦痛な時間となってしまいます。
そのため子供が初めて船に乗る場合は、子供が船酔いするかどうか分からないため、
食事付きではない30分コースなどの短い時間のコースを選びましょう。

あと子供が船酔いはしなかったとしても、食事だけで2時間は長いと言えます。
大人であれば、会話を楽しみながら、風景を楽しみながら、ゆっくり時間をかけて食事をする楽しみを知っています。
ですが子供によっては、退屈に感じてしまうかもしれません。
なので、子供と一緒に屋形船に乗る場合は、ハゼ釣りコースや忍者屋形船コースというふうに、
船上でイベントが行われるものを選ぶ事をおススメします。

歴史に興味がある子供の場合は、伝統を継承している屋形船に乗せ、
城見学が出来るコースなどを選ぶと楽しんでくれるのではないでしょうか?
屋形船は大人が楽しめるから、必ずしも子供も楽しめるというものではありません。
そのため子供も一緒に乗る時には、子供が楽しめるコースを選ぶ事が大切です。

  • Posted on 25. 3月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です