初めて屋形船を利用する場合、いろいろ不安や疑問があるかもしれません。
なので、不安を解消するために、よくある不安ポイントを紹介していきます。

まず1番の不安は、屋形船に乗って飲食をするという事で、船酔いは大丈夫?と思っている人は多いでしょう。
特に過去に船酔い経験がある人は、また酔ってしまうのではと不安になってしまうかもしれません。

ですがその船酔いの多くは、海で船に乗り波の揺れが大きく、酔ってしまうケースが大半です。
屋形船の場合は、隅田川を筆頭に、海ではなく川を移動する船です。
しかも交通手段ではなく、風景を楽しむ、飲食を楽しむ目的なので、周遊コースをゆっくりと移動します。

そのためほとんど揺れず、船酔いする人も少ないと言えます。
ただ船酔いだけでなく、車酔いなど乗り物全般に酔ってしまうという人もいますよね。
その場合は、少し注意が必要です。

屋形船に乗る前に、酔い止めの薬を飲んでおくようにしましょう。
あとコンディションも船酔いに大きく影響します。
寝不足の状態だと酔いやすいので、しっかり睡眠をとって万全の体調で臨んでください。

屋形船に乗った後は、景色を見たり、風に当たったりする事を意識すると酔いにくくなります。
逆に手元でスマホばかり見ていると酔いやすくなるので注意してください。
お酒を飲むと、お酒の酔いと船酔いが混ざって気分が悪くなる可能性があります。

なので、自分が船酔いしやすい体質であれば、普段の飲み会よりも食べる量と飲む量を控えめにしておきましょう。

その他の不安点として、屋形船にトイレってあるの?と思っている人もいるかもしれません。
2~3時間のコースでお酒を飲んでいたら、トイレに行きたくなる可能性は高いですよね。
船の中だからと思うかもしれませんが、屋形船の中にちゃんと水洗トイレは完備してあります。

船の上でも水も使用できますし、調理場ではガスの使用も可能です。
もちろん電気も使用可能で、屋形船の上では、普通の飲食店の座敷と変わらない快適さだと言えるでしょう。

そのため夏は冷房完備で涼しく、冬は暖房完備で暖かい空間となっています。
あと屋形船で気になるのは、当日の天候です。

屋形船には屋根はついていますが、雨でも運航してくれるのでしょうか?
屋形船は通常の雨であれば、問題なく出港する事が可能です。
ですが河の水位が高くなるなどの、河に影響が出るぐらい暴風雨の場合や、台風が近づいている場合は出港が難しいと判断されてしまいます。

ただ予約の段階では、天候までは分からないですし、当日もどの程度で運航中止になるのかは、素人判断ではわかりません。
なので、天候が気になるようなら、直接電話で問い合わせてみて下さい。

  • Posted on 9. 3月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です